ゆるゆるっと肌断食

年が明けてから、なんとなく肌断食しています。

きっかけは、化粧水がなくなったから。なんていい加減 笑

もともと肌断食には興味があって、今までも何度かトライしては挫折して…を繰り返していました。

今回は完全な肌断食ではないせいか、ゆるゆるーっと続いてます。

 


f:id:sniffsniff:20190226151334j:image

洗顔は夜1回だけ。牛乳石鹸もっこもこに泡立てて洗います。朝はぬるま湯ですすぐだけ。

洗顔後はゆずの種を浸けたアルコールを水で薄めた化粧水?を軽くスプレーして、メラノCCというビタミンCの美容液→目の下のクマにアイクリーム→ローズマリーの美肌クリーム(以前教わった物を自作)を手のひらでプレスするように塗っておしまい。ものの1分もかかりません。

 

最初はローズマリーのクリームだけだったんですが、目の下のクマがよほどひどいのか職場で「どうした?疲れてる?」と心配されるようになり、アイクリームを追加。

それからムスメがメラノCCを使いだしてからビックリするほど肌が白くなり、私もー!と真似っこ。しかし洗顔後すぐの肌に塗ってもちっとも馴染まないので、柚子大根を作った際に大量に残った柚子の種で化粧水を作ってスプレーすることに。

もはや肌断食とは言わないのでは!?と自分でも思いますが、昔と比べたらかなりシンプル。

以前はクレンジング→洗顔→拭き取り化粧水→保湿化粧水→乳液→美容液→クリーム…日によってさらにクリームマッサージやらパックやらとフルラインナップでケアしてました。全工程トータルすると30分以上かかる日も。

 

はっきり言って、疲れてる日はめんどくさいし手を抜けばなぜか罪悪感でしょんぼりするし…どこか追いたてられてる気がして。

経済的にも負担でした。某化粧品会社の販売をしてる友人から購入してたのですが、一つ一つが主婦には痛い価格で。お付き合いもあるからと続けていたけれど、引っ越しで疎遠になったのを機にプチプラコスメに乗り換えてましたが、それでも毎月一定額はかかる。

今はアイクリームと美容液で合計2000円ほど。それも半年近くもちそうなので、だいぶんお財布に優しくなったのは嬉しいところ。

 

肌断食を始めたのは化粧水がなくなったから、とゆるい理由からですが、やろうと考えるようになったのはある日のこと。

なんとなく観ていたドラマで、女優さんの顔がツヤッツヤしていることに違和感を覚えたんです。

たしかにツヤ感大事っていうけど、こんなにツヤッツヤしてるのもどうよ?と。

巷に溢れる美容情報ではツヤ感大事、潤ってナンボ、とこれでもかーとツヤ肌を推奨してるけど、一昔前なら「テカってる!汗」となってるんじゃね?と。

ツヤも潤いもそりゃ大事かもしれないけど、ほどほどでいいんじゃないかなー、と。

そう考えるようになったタイミングで化粧水がなくなったので、「いっちょ買わずにやってみるか」となったのです。

 

今のところ、肌も特にトラブルはないし、ゆるゆるーっと続けるつもり。

美容液とアイクリームは今後リピートするかはまだわかりませんが、美肌クリームだけは手放せません。

なんだかんだとアイテムはゼロにはならなさそうですが、できるだけシンプルに、ほどほどに若々しくいられたらいいなぁと思います。

手作り味噌 覚え書き

今年も味噌を仕込みました。

味噌づくりは3回目。前回作ったのは一昨年。

 

前回の味噌はちょっと辛くて、何がいけなかったんだろう?と味噌作りのプロである叔母に見てもらいました。

叔母はかつては村おこしで味噌を作って販売もしていた正真正銘のプロ。

今は販売はしていませんが、毎年美味しい味噌を作ってはおすそわけしてくれます。

そのプロのアドバイスに従い、今回は麹の量を大豆の2倍に増やしました。

上手く出来上がってくれるといいんだけど。

 

以下、材料の覚え書きです。

 

大豆 1㎏

米麹 2㎏

塩 450g

 

前回は

大豆 3㎏

米麹 3㎏

塩の量は失念しましたが、大豆と麹を同量で仕込みました。

叔母が「最低でも(大豆)3㎏は仕込まないと!」と力説するのでそうしてみたのですが、さすがに大量過ぎた 笑

家にあるプラスチックの漬物容器では足りず、段ボール箱にゴミ袋を二重にして入れてようやく仕込めたほど。

そして出来上がった味噌が冷凍庫を占拠する有り様で、昨年は味噌作りを見送る事態に。

 

そんなこともあって、今年は少な目で。

おかげで漬物容器だけで足りました。ほっ。

1ヶ月後に天地返しをして、完成は秋ごろの予定。

楽しみだなぁ。

年末最後にやらかした話

昨日、一念発起して家族みんなの服を整理しました。

子どもたちに「今さら…?もう来年でいいじゃない」と呆れられながらも「今日やらなきゃ!今日じゃないとあかんの!」と鼻息荒くやったのは、次の日が年末最後の資源ゴミの収集日だから。

 

一枚一枚「これ着る?着ない?」「着る!着ない!着れない!(笑)」と繰り返し、着る服は引き出しに、着ない、もとい着られない服は資源ゴミに。

綺麗なものだけリサイクルショップに持ち込んでもよかったのですが、あまりにも大量で選別に割く労力が残ってなかった…。

 

クローゼットのコート類など大物も整理して、最終的に処分になったのはIKEAの青いショップバッグ(71L!?)にてんこ盛り!

よくもまぁこんなに溜め込んだもんだ…。

 

服の整理でエンジンがかかった私は、その勢いで家のなかを徘徊しては不要品を見つけ出し、集めに集めてこちらもIKEAのショップバッグてんこ盛り!!

うわぁ~明日の資源ゴミは大仕事だなぁ~

と我ながら大満足で掃除を終え、次の日。

 

寝ぼけ眼のムスメをたたき起こし、カフェランチをエサに釣り上げて二人でえっさほっさと資源ゴミの回収場所へ…

 

あれ…誰もいない。

おっかしいなぁ、いつもなら人だかりになってるのになぁ。

「もしかして、やらかした?」とムスメの疑わしげ…いや、恨めしげな視線を背にスマホで資源ゴミカレンダーを見てみると…

 

やべぇ、今年の資源ゴミ、終わってた…

ちーん(泣)

 

ショボくれる私にムスメはクールなもので

「はい。帰りましょう。頑張って持ってね」

と、さっさと家路を急ぐ急ぐ。寒いからねぇ。

 

かくしてIKEAバッグてんこ盛り二つ分のゴミに占拠された玄関に途方に暮れとります…

邪魔だ…

こんなんで年越したくないよう。

 

年末年始はゴミの回収スケジュールをしっかり確認しないとね!

来年の抱負にしよう(笑)

 

暮らしのノイズは意外と多い

暮らしのノイズ=不快なもの、無駄なものに目を配るようになって気づいたこと。

意外と多い。

よくもまぁこれだけ見て見ぬふりをしてきたもんだ、と我ながら感心します。

 

台所には何を入れていたのか(おそらくタワシか何か)思い出せない空きビン

最後にいつ使ったのか思い出せないパウンド型(牛乳パックで代用可)

買ったものの使い心地がイマイチなのになぜか「予備用」と置いてあるまな板(万年補欠)

100均でパケ買いしちゃったけど香りが好きじゃなかった生ゴミ消臭スプレー(生ゴミ臭消えても香りが嫌では本末転倒)

「メルカリで売ったものを発送する時に使えるかも」と置いてあるエアパッキン(そもそも割れ物を売ってない)

ダビングに失敗したのに捨てずにためていたDVDディスク(観れない録れない役に立たない)

失敗した自家製かりもりの漬物(リカバリー不可能)

 

ざっと挙げるだけでもこれだけある!

それも台所で洗い物→晩ごはんのための冷蔵庫チェック→テレビ見ながら一息つこうかなーの30分ほどの間にこれだけ!

 

それだけ無駄なものに囲まれて暮らしてたってことなんだよなぁ…

ぞっとする(笑)

 

この調子でどんどん減らして、どんどんスッキリしていきます!

 

暮らしのノイズを減らしていく。

クリスマスもつつがなく終わり、いよいよ迫りくる年の瀬。

人の休んでいる時こそ稼ぎ時である私の職場は年末年始も元旦除いて通常運転。

あんまりにも師走ムード漂わない職場にどっぷりだったせいか(責任転嫁)、大掃除を忘れてました(毎年恒例)。

来年こそちゃんと大掃除しよう、と来年の私に望みを託して(これも毎年恒例)、今の自分にできることを考えます。

 

あっちもこっちもがっつりお掃除、は無理なので、出来ることからコツコツと(西川き◯し風)

とりあえず、どこから手をつけるとかは考えず(考えたら即フリーズしてしまうゴミ屋敷)、目についた不快なもの、無駄なもの=ノイズを取り除いていこうかと。

 

例えば、1~2回使ってみたもののイマイチ合わなかったシャンプー、「後でじっくり見てから捨てよう」と長らく放置されているカタログ雑誌、掃除に使うつもりでとっておいたけどいつまでたっても使われない古いふきんやタオル。

いつもは視界に入っても見て見ぬふりだけど、そこを思いきって直視してみる。

うーん、不快。無駄。いらない。

そう思ったら即行動。

手にとって、ゴミ箱もしくは資源ゴミの日待ちの不要品スペースへ。

1箇所1箇所しっかり掃除、整理整頓してたら時間かかるけど、ゴミ箱あるいはしかるべきスペースに移動させるだけなら5分もかからず完了できる。

日常の家事の合間に目についた物をそうやって仕分けしていけば、いつかは暮らしのノイズは消えてなくなるのでは?

 

そもそも、1箇所1箇所がっつりと本腰入れて片付けるのって苦手なんです…無駄に凝ってしまって終わりが見えなくなるから。

普段の家事で動き回ってるついでに目についたノイズを始末していく方が、私の性には合ってる気がします。

ノイズ=不快なもの、無駄なものが減っていけば、もっと整理整頓もしやすくなるだろうし、ひとまずは「家事ついでのノイズ除去」に明け暮れようと思います。

くしゃくしゃ、ポイ!で気持ちを軽く。

嫌なこと不快なことがあると、頭の中でイメージすることがあります。

嫌なことを紙に書いて、それをくしゃくしゃっと丸めてゴミ箱にポイ!

それだけのことですが、意外にも効果絶大。気分が軽くなります。

 

以前は嫌なことがあったりすると、延々と考え込んでました。

なんでこんな目に遭うんだろう。

なんであの人はそんな態度をとるんたろう。

なんでそんなこと言われなきゃいけないんだろう。

 

でも、ある日ふと気づいたんです。

不毛以外のなにものでもない、と。

私は(嫌なことを言ってくる)あの人ではないし、あの人が何を思ってそんなことしてくるのかは本人にでも問いたださない限り知り得ない。

だったら考えたって仕方がない。

不毛な考えはくしゃくしゃっと丸めてゴミ箱に捨ててしまおう。

 

以来、モヤモヤすることがあると頭の中で紙に書いて丸めて捨てるように。

実際に書いて捨てた方がもっとスッキリ感はあるのかもしれないけど、仕事中なんかだとそうもいかないし。

でもイメージだけでも十分スッキリする気がします。

 

丸めて捨てたら、もうそのことについては考えない。

捨てちゃったから、もうないもん。

気持ちの切り替えにもなるし、オススメです。

 

生きていると、嫌なこともモヤモヤすることも絶え間なく発生するもの。

嫌だなって感じないことがもちろん一番いいことなんだろうけど、そうもいかないし。

上手に自分の気持ちをコントロールして、気持ちも軽く生きていきたいです。

 

1日1ワイパー計画。

部屋を綺麗に保ちたいです。

ですが掃除は…掃除も、苦手で嫌いです。

本気でメイドさんを雇いたい。

でもダンナの稼ぎでは雇えない。

嫁ぎ先を間違えた。

いや、きっとメイドさんを雇えるようなお金持ちは私のようなずぼらには目もくれないか。しょんぼり。

 

これまでは、2~3日置きにいいかげんに掃除機をかけ、フロアモップで床をざーっと拭く、というのが基本の掃除、人が来る直前に大慌てで大掃除、という流れでした。

 

これだと、最低限暮らすことはできるけど、気持ちよくは暮らせない。

めったに来客のない我が家では、ちゃんと綺麗になることも数ヶ月に2~3日、といったところ。

ものすごく綺麗にならなくてもいいけど、もうちょっと気持ちよく暮らせるようになりたいなぁ。

 

と、いうことで、ずぼらなりに考えてみた。

 

いくら気持ちよく暮らしたいと言っても、毎日がっつり掃除なんてめんどくさい(人としてどうなのか)。

できるだけ楽に、そこそこ綺麗がキープできればいいのだが。

 

そもそも、掃除機だけでは障子の桟にホコリが溜まって、かけてもかけても綺麗になった気がしない。

掃除機をかけるのはホコリを吸うためで、そのホコリがなければ掃除機をかける頻度も減るのでは?

まぁ、減らないにしても、掃除機かけは楽になるんじゃなかろうか。

 

と、いうわけで、使い捨てのハンディワイパーで家中の障子の桟(我が家はやたらガラス障子が多い)やら棚やらを拭いてみる。

所要時間約10分。

あら意外と楽ちんかも。

高い所を拭いた後、そんなに汚れてないのでついでに床も拭いてみる。

どうせ使い捨てワイパーなら使いきってから捨てたい、という欲望に駆られ(単なるケチ)、さらに浴室とトイレの床も拭いてみる。さすがにここまで拭くと真っ黒け。

これで心おきなく捨てられる。あぁすっきり。

ここまでやっても30分ほど。

 

ふむ。これなら毎日できるかもしれない。

掃除!って気張らず(そもそも掃除といえるレベルなのか)、ラジオ聴きながら軽い気持ちでできそう。

ワイパーだけなら、朝起き抜けにささっとできてしまいそう。

仕事から帰ってからやろうと思うと、なかなか重い腰が持ち上がらないので、起き抜けのどさくさに紛れてやってしまえば、目は覚めるし部屋は綺麗になるし一石二鳥。

で、仕事から帰ってから掃除機をささっとかけて、気力体力のある日はどこか1箇所を徹底的に掃除するのはどうだろう。

 

1日1ワイパーは先週から始めて、今のところ毎日(といってもたかだか1週間)続いてる。

今日は仕事明け元気があったので、所々黒く汚れていたフローリングをごしごし。

 

始めてまだ1週間ですが、これならなんとか続けられそう?

何より少しずつ綺麗になっていくのが嬉しい。

誰かが綺麗にしてくれるのが一番なんだけど、そんなのは夢のまた夢なので、このやり方でぼちぼち頑張るかな。

 

気がつけば11月ももう半ば。

年末の大掃除を少しでも楽にするため、

気持ちのいい年末年始を迎えられるよう、

少しずつ頑張ろう。