グルーデコ初挑戦。

学校のグルーデコ教室で、グルーデコに初挑戦しました。


f:id:sniffsniff:20171019163118j:image

グルーデコとは、接着剤の機能もある粘土にスワロフスキーのビジューを配置してデコレーションしてアクセサリーを作ること。

今回はバックチャームを作りました。

 

グルー粘土をこねこねして台座に載せ、ピンセットを使ってスワロフスキーを配置していきます。

見た目はなんとなくハードルが高そうだったけど、やってみるとすごく簡単でしかも楽しい‼

f:id:sniffsniff:20171019163145j:image

同じ材料を使ってるのに、作る人によって全然違う雰囲気になるから不思議。



f:id:sniffsniff:20171019162956j:image

グルー粘土が硬化するのに24時間ほどかかるらしく、先生が持ち帰り用のケースを用意してくださりました。

 

特別な道具も不要、グルー粘土が手には入れば手軽に作れるので、また色々作ってみたいなぁ。

 

来年の手帳、悩み中。

来年の手帳をどうしようかと悩んでおります。

今使っているのはCITTA手帳という、ヨガインストラクターの女性が自費出版で作られたもの。

f:id:sniffsniff:20171010134311j:image

f:id:sniffsniff:20171010134225j:image

「やりたいことを叶える手帳」ということでネットでも評判なんだとか。

実際使ってみると、「毎月はじめのワクワクリスト」にやりたいことをいっぱい書き出してみたり、24時間バーチカルで早寝早起きの習慣を身につけることができたり、とっても楽しい‼

なので来年もCITTAにしようかなぁ、と思ったのですが、ちょっと迷ってます。

というのも、CITTA手帳、すごくいいんだけど、いくつかモヤモヤポイントがありまして。

 

モヤモヤポイント① : 9月始まりの翌々年3月まであるため、買い換え時に悩む。

年末に近づくにつれ、翌年の予定を書き込む機会が増えるけど、12月終わりの手帳だと書き込みたくても書き込めず、新しい手帳と2冊持ち歩くのは面倒くさい。

そういう点では、CITTA手帳は翌年の予定も書き込めるので便利…そう思ってたのですが。

CITTA手帳は9月始まりなので、今買ってもすぐ使える…というか、すでに9月分が無駄になってしまってる。

なんだかすごくもったいない気分!すぐ買わなきゃ!

いやいやちょっと待って。

今度は前の手帳が使いきれずに以降白紙になってしまう…それもそれでもったいない。

半年も被っているために、いつ新しい手帳に移行したらいいのかわからず。

せめて3ヶ月被りくらいだったらなぁ…

 

モヤモヤポイント② : 使わないページがある。

3年カレンダー、1年先すらどうなるかの私には使えません(笑)

プロジェクトページも、特に進捗をチェックしなきゃいけない事柄もないので使う機会がない。 

「子どもの予定を書き込むのもあり」と付属の冊子にはあるけど、私の場合、書き込むページが増えるととっ散らかってしまうので、ウィークリーページにまとめて書き込む方が把握しやすい。

 

モヤモヤポイント③ : お値段が張る。

CITTA手帳は税別3,500円。手帳としては少々お高め。

くまなく使い倒すなら決して高い買い物とは思わないけれど、なんだかんだと使わないページがあることを考えると、ちょっと躊躇ってしまう。

自費出版なので仕方ないのかもしれませんが、もう少し買いやすいお値段だとありがたいのにな…

 

もしCITTA以外の手帳を買うとしたら、こんなのがいいです。

① 24時間バーチカル 。 今までバーチカルは使ったことなかったけど、時間の管理がしやすくてよかったので。

② フリーページが多め。「毎月はじめのワクワクリスト」代わりに使いたいので。やりたいことをいっぱい書き込めるよう、フリーページが充実している手帳がいいな。

③ お値段アンダー2,000円。CITTAでないならできるだけお値段ひかえめで。

 

今のところの候補は、リトルミィの手帳。

 

 左ページがバーチカルタイプのウィークリーページで、右ページがフリー。

巻末にもフリーページが20ページくらいあったかな?

ウィークリーの右ページに「すぐやりたいこと」を書き込んで、巻末ページに長期目標でのやりたいことをリストアップして…という使い方ができるかな。

 

無印でもバーチカルタイプあった気がするので、機会があればチェックしたいです。

 

腹立つ出来事。

何が腹立つって、相手を見て態度をデカくする小者っぷりに腹が立つのよ。

 

思えば前方の路地から出てきた時からアヤシかったのはアヤシかった。

車で外出中、前方左側の路地から軽自動車が左折して(私の進行方向に)出てきた。

その路地は間違いなく一旦停止のはずだけれど、その軽は車体がまるっと交差点に出てから停止して左折してきたので「危ないなータイミング悪けりゃ横っ面やられてるよ」と思いながら、私の車はそいつの後方についた。

 

初心者マークを貼りつけたそいつは、先の信号(赤)で右折のウインカーを出して先頭に停車、私も右折だったので同じくウインカーを出して停車した。

しばらくして青信号になり、右折レーンのない交差点なので交差点の中ほどまで進入して待つべきなんだけれど、なぜかそいつは停止線から動こうとしない。

私の後続車は直進なので、ちょっとでも進んでもらわんと左から抜けられないんだけどなーとジリジリしていたら交差点の中ほどまで進んでくれたので、私もそれに続いて交差点に進入。

 

その直後に事件(!?)は起こった。

黄色信号になったというのに、前方車が進もうとしない!

えっ、ちょっと待って、こんなところで停まられたら事故るって!

慌てて前方車にパッシングするも動かない。

赤信号になりそうだったので最終手段としてクラクションを鳴らすと、ようやくノロノロと右折…私も大急ぎで(まくり気味に)右折し、事なきを得た…と思ったんだけど。

 

前方車のにーちゃん、ファ○クポーズしてるんですねー、あの中指立てるやつ。

いやいやいや…あんた自分のしてること、わかってる?

交差点のど真ん中で停止しといて、信号の変わるタイミングで右折しないからクラクション鳴らされるんでしょーが交差点のど真ん中で信号待ちするバカがどこにいるのよ。あ、あなた?

 

そいつはご丁寧にも、信号待ちやらで停まるたびに中指立ててくださって思わず笑っちゃいそうに。

そんなことしてる暇あったらさ、もちょっとスムーズに進んでくれないかしら?

あまりにノロくて渋滞できちゃってるんだけど。

 

しばらく後続して走ったあと、私が右折レーンに進入したので横並びになったんだけど、見るからに気弱そうなメガネのにーちゃん。

横並びになったとたん、私が覗きこんでも視線を合わそうともしない。

なんだろなー私が子連れのおばちゃんだからって、ボロッボロの軽だからって、ナメてかかってた?

きっと私が乗ってるのが黒塗りのベンツだったり、イカついサングラスとかしてたら中指立てたりしないよね、できないんだよね。

そういう奴、いちばん嫌い。やるなら相手がどんなだろーとやんなさいよ。

 

それより何より、そういうことする暇あるなら運転技術を磨きやがれ。

よくそれで教習所卒業できたな。

 

そういえば。

昔、片側2車線の道路で右車線を走ってた車がウインカーも出さずに左車線に寄ってきて、前方引っかけられそうになったからクラクション鳴らしたらヤ○ザの車で、追いかけられてスッゴい怖かったなー。

 

 

 

青天の霹靂、その後。

子どもたちの学校問題が発覚し、結局転勤話はお流れになってしまいました。

ダンナの海外転勤、そんな理由で流れる程度のもんなんかい。とツッコミたくなったのは言うまでもなく。

まぁ、ともあれもうしばらくはこの地にいられそうで、ほっとしたようながっかりしたような。

 

せっかく転勤が決まって(流れたけど)家中を綺麗さっぱりしようじゃあないかとやる気になったのに、流れたからとやめてしまうのはもったいない。

ということで、ちょっとずつ物を減らす方向にもっていってます。

 

まず、引っ越してきてからたまりにたまった自転車(子供用×3台)を処分。

それから誰か観る人がいれば…ととっておいた子どもアニメDVDを山ほど、履くかも着るかも…ととっておいた靴や洋服などなど。

 

もっとハイペースで減らしたいんだけど、そうすると反動でどーんと増やしてしまう傾向にあるので、慎重に。

 

きたる転勤に備えて、少しずつ減らしていこうと思います。

とんでもない思い違い

ソウル近郊から通える日本人学校およびインターナショナルスクールを一生懸命探していた私。

ここにきて壮大な思い違いをしていたことが発覚します。

 

それはダンナとの何気ない会話から。

「そうそう、今度の勤務地、ソウルからだいたい60キロくらいのとこなんだって~○○(ダンナの友人)が言ってた」

ん?なぜにあなたのご友人があなたの勤務地をご存知?

てゆーかソウルからだいたい60キロってどゆこと?

私「ソウルの近く」って聞いてたのに60キロってちっとも近くないじゃない。

京都~大阪間くらいの距離あるじゃない。あれ?京都~大阪間なら通勤通学圏内か。

 

日本なら通勤通学圏内かもしれないが、こと韓国ではそれが圏内かどうかも定かでない。

え、もし圏外だったらどうすんの?

あれ、もしかして今まで調べてきたこと、振り出しに戻っちゃった?

 

はい、軽くパニックです。

 

とりあえず、ガイドブックの地図で位置関係を確認してみよう。

と、立ち寄った本屋さんで地図を見てみる。

…あれ?載ってないよ?

 

華城(ファソン)というところらしいのですが(会社のHPではなく業界紙のネット記事に載っていた。なんで?)、ガイドブックには水原華城という観光地?しか載っていない。

 

さーもーパニックですよほんとに。

 

私たちはこれから地図にも載っていないような所に行くのか!?

ネットで調べてもこれという情報は見つからず、わかったのはソウルが東京としたら華城は横浜あたりのようなもの、ということくらい。

横浜って!

生まれも育ちも関西で、横浜なんて言われてもピンときませんて!

 

もー調べても調べてもわからない。

もはや調べてることが果たしてピントが合ってるのかどうかもわからない。

………思考停止。

 

お願いダンナさん。

あなたの正確な勤務地と、おおよそどの辺に住むことになるのか、そしてその近辺に子どもたちの通える学校があるのかどうか、現地の担当の方に聞いてください。

もう私にゃあどうすることもできません。

 

思わぬ所でつまづいてしまった学校探し。

またイチからやり直しです…どうなることやら。

 

 

生命の不思議。

我が家にやって来てかれこれ7年くらいになるオリーブさん。

今年の春に植え替えを決行したのですが、見事に失敗…葉っぱがすっかり枯れてしまいました。

でも樹はしっかりしているので、死んではいないはず…?と半信半疑ながら、毎日お水をあげていましたら…


f:id:sniffsniff:20170717164717j:image

すみません、画像分かりにくいですね(焦)

枯れ色の葉っぱの間から新緑の葉っぱが!!

まだ一部分だけですが、少しずつ新しい葉っぱが出てきてます。

 

生命って本当に不思議。

 

我が家にはこのオリーブさんだけでなく、妹宅からぶった切ってきたモンステラさんやら伸び伸びと成長してくれたのでさっぱりと散髪してやったガジュマルさん一家やら、切って水に差していたら根っこが生えてきた奴らがいます。

他にも、道ばたで子どもたちがむしり捨てたと思われる多肉さん(拾って帰って土に乗せといたら増えた)とか友達が「こうしたら根っこと葉っぱが出てくるよ」とかわいいカップに土と一緒に入れてくれた多肉さんとか、とにかく放置プレイで増えていった植物がわんさか。

 

特に頑張ってお世話してるわけじゃないんですけどね。すごい生命力。

 

今いちばんの心配事は、韓国行きの際にこの子達をどうすればいいのかということ…

韓国に連れて行ければいいけど、さすがにそれは不可能かな。

預かってくれる人がいればいいけど、なにせ放置プレイなもんだから見た目はまったくおしゃれじゃない。

私みたいな物好き以外にこれを喜んでくれる人が果たして現れるのか…

 

ここ(賃貸一戸建て)にこのまま置いてったら、大家さん怒るかな(汗)

学校どうする!?

韓国に転勤することになった我が家。

ダンナの話では会社は「ソウルの近く」。

なら住むとこはソウル近郊になるんだろうなぁ、と、ソウルの学校についてポチポチと調べておりました。

 

我が家の子どもたちは小3と小6。

赴任する頃には小4と中1になってます、順当にいけば。

英語も韓国語もままならない子どもたち(もちろん親も)、現地の学校は厳しいでしょう…となると日本人学校か。

ソウル日本人学校というのがGoogleさんでヒットしたので見てみると、なんと中学部までしかない。

任期は最低5年、上の子、中学卒業しちゃうじゃありませんか。

どーすんのよ、卒業後。

 

調べても調べても、日本人学校を卒業した後どうした(どうする)というのが出てきません。

ちなみに韓国では、日本人学校やインターナショナルスクールは「特別学校」というカテゴリーになるらしく、卒業しても韓国の高校の入学(受験?)資格は与えられないらしい。

となると、韓国の高校に進学することは不可能。

ということは、韓国にあるインターナショナルスクールに編入するか、帰国して日本の高校を受験するしかないってこと?

 

日本の高校に進学するにしたって、上の子だけ帰国させるわけにもいかないし…いや、じじばば様のところに預けるという手もないこともないけれど、ダンナは帰国後すぐは本社勤務になるので(本社のあるところは私たちの地元にあらず)、そうなると高校卒業まで(下手したらその先も)離ればなれになってしまう。

むむむぅ。そりゃ、独り立ちは早いに越したことはないんだけど、そんな理由でってのはねぇ…。

 

最初からインターナショナルスクールに入れるという方法もあるけれど、子どもたち(もちろん親も)の英語力では入れるかどうか…仮に入れたとしても(英語力の弱い子向けのカリキュラムもあるらしい)、当分は苦労するんだろうなぁ(もちろん親も)。

それに、インターに入る日本人は少ないだろうし、日本人との交流はぐっと少なくなることも予想できる。

今は同郷とか意識しないけど、異国となると日本人との交流も大切にしないとって思っちゃうんだろうなぁ。

いざって時に同郷から情報を得られるのは大きいことだと思うし。

 

なかなかに問題山積でございます。